いいトレードをするために体力は大事。米ドル円と豪ドル円の力関係から考えたトレード

いいトレードをするために体力は大事。米ドル円と豪ドル円の力関係から考えたトレード

お昼は、冷やし中華です。トレードの疲れを回復させるために、梅に含まれるクエン酸はいいですよ。梅酢と黒酢をブレンドしたタレで食べて、美味しかった。酸味が私の疲れを癒すってたまりません。あと、疲労回復なら、豚肉がおすすめです。豚肉に含まれる栄養素が疲労の蓄積による貧血を予防してくれるそうです。やっぱり、健康な体があってのトレードですから、健康管理もしっかりしていきたいですね。それは、毎日思っています。FXは、パソコンと長時間向き合って、トレード戦略を考えるから、思った以上に体力を消耗します。何で、充電させるかといったら、食事とか十分な睡眠です。心のエネルギーの充電も必要。いいものにたくさん触れ合うことが大事ですね。鳥の声を聞く、自然が豊かな場所に出かける。動物と触れ合う。いい映画を観る、素晴らしい本を読む、など。他にも考えると心のエネルギーの充電方法はたくさんありますね。食事の話とトレードって関係ないじゃん!って思いそうですが、体力がトレードでは重要なので食事にはこだわりたいですね。今日も、梅のクエン酸を補給して、元気に相場を見ることが出来ています。現在は、3時です。東京時間の相場の特徴は、豪ドル円が一番強く、米ドル円が一番弱い。豪ドル円と米ドル円は正反対の動きをすることが多いと感じてからは、動きの関係に特に注意しています。この力関係を見て、うまくトレードする方法を思いつきました。豪ドル円が強くなっているときは、米ドル円が買われないから、豪ドル円の調子が下向き始めたときは次は米ドル円にチャンスが巡ってくると思って仕込みをすればどうだろうか。2つの通貨の力関係が逆転するタイミングを狙うのだ。頭で考えただけでは、意味がない。いきなりやって失敗すれば、自分が痛い目を見る。デモトレードで検証してみる価値は十分ありそう。2つの力関係からうまく仕込む練習。やってみる価値はあるのではないかと考えました。