本当にバイナリーオプションで稼げるか

バイナリーオプションの損失について

バイナリーオプションの特徴の一つが損失が限定されていることです。たとえば、1,000円を投資した場合、1,000円の損失を発生させることはありませんが、1,001円損失を発生させることはありません。この意味では、投資した資金よりも大きな損失を発生させませんから、限定的と言っても良いでしょう。

 

これと同じ事は株式投資でも言えます。信用取引をせずに株式取引をした場合、投資した資金をすべて失うことがありますが、投資した資金よりも大きい資金を失うことはありません。たとえば100万円を投資した場合、最悪の場合には100万円の損失を発生させることはありますが、それよりも大きな損失を発生させることはありません。この点では、バイナリーオプションと株式投資は似ています。しかし、違いは大きいです。

 

株式投資の場合、たとえば100万円を投資して100万円の損失を発生させることはあまりありません。完全に失うのは倒産した場合や、あるいは100%原資を行った場合です。これも特殊なものでしかなくて、危ないものに近づかなければ、このようなことはほぼないでしょう。ある程度ニュースを読んでいれば、投資した資金をすべて失うことはまずないでしょう。

 

バイナリーオプションの場合、投資した資金をすべて失うことは、割と頻繁に起こります。もしも何も考えずに投資をしていれば、2回に1回くらいは起こりえることです。もちろんですが、ある程度分析をしますから50%ということはないでしょうが、それにしても株式投資で100%失い場合に比べると可能性はかなり高いと考えられるのです。

 

このようなことを考えれば、損失が限定されているという意味は株式投資と大きく異なることが分かるはずです。短期的な取引で投資した資金の全額を失うという点は頭に入れておく必要があります。とは言っても損失は限定されていますから、あまり大きな損失を発生させたくないという人にとっては適しています。

 

 

投資が初めての人に最適なバイナリーオプション

 

FXで収益を得るためには、豊富な経験と知識が必要になります。FXは売買のタイミングを掴むのがとても難しく、安く買って高く売るための絶好の機会がわかるようになるまでには、相当な時間がかかります。チャートを読んでテクニカル分析ができるようになるまでにも時間がかかります。
バイナリーオプションであれば、FXの全く初心者であっても、とても簡単に取引をすることができます。バイナリーオプションを一口で言うと、上がるか下がるかだけを予測する二者択一の取引です。将来のある時点で、上がっているか下がっているかを予測するだけですので、50パーセントの確率で収益が得られます。
外国為替相場は絶えず変動をしており、円高になったり円安になったりを繰り返します。バイナリーオプションが予測する期間はとても短いので、予想しやすいことが特徴です。長期的な為替相場の変動を予測するのは非常に難しいですが、短期間の変動であれば、慣れてくれば比較的容易に予測することができます。
FXに限らず、株式投資の信用取引や商品先物取引をする場合には、追証の発生のリスクがあります。バイナリーオプションは掛金を超える損失は発生することはないので、他の投資と比べるとリスク管理がしやすく、初心者に向いています。リスク管理をきちんと行うことによって、大損をするようなことはないので、安心して取引を行うことができます。
バイナリーオプションは少ない資金で始めることができます。FX会社によっては50円程度から行うことができますので、お小遣い程度の資金があれば、誰でも投資を始めることができます。
バイナリーオプションを始めるには、FX会社に口座を作ることが必要になります。ほとんどのFX会社は口座を作るとバイナリーオプションができるようになっています。口座を開設するための費用は一切無料で、簡単な審査に合格すると、FX会社に口座を開設でき、バイナリーオプションを始めることができます。
参考:バイナリーオプション規制とは.jp

 

 

基本的にはカードが発行されないFX

 

FXというのは、金融関連の商品の1つになります。
そして金融関係の商品というのは、大きく分ければ3種類になるのです。投資と貯金と借りる商品です。1つ目はいわゆるFXなどが該当し、2つ目は普通預金などの口座を作るタイプの商品ですね。そして3つ目は、いわゆる融資を受ける為の商品になります。
どれも「金融」の商品です。しかしその3つのタイプの商品の中で、FXは独特な一面があります。なぜならその商品の場合は、カード媒体を使わないからです。
まず貯金商品の場合は、たいていカードを用いる事になるでしょう。私たちや銀行からお金を引き出す時には、たいていキャッシュカードを用いる事になりますね。最近ではカードが無い貯金商品も増えてきていますが、今なおそれを用いている銀行は非常に多い状況です。
次に融資商品ですが、それもやはりカードを用いる事になりますね。借りる為の申し込みをすると、大抵は金融会社からカードが発行される事になるでしょう。それでATM機器などを用いて、借りる事になる訳ですね。
ところがFXだけは、それが無いのです。あくまでもWeb媒体で取引を行う事になるので、カードを使おう機会が全く無いのですね。
ちなみに金融会社によっては、一応会員カードというものが発行される事はあります。しかしそれもキャッシュカードのように、頻度多く用いる事は無いでしょう。
この「カードが無い」という点は、ある意味FXという金融商品の特徴の1つと言えます。

ロンドン時間がスタートして、時間の経過とともに、豪ドル円と米ドル円の力関係が逆転しています。東京時間午前中の豪ドル円は、他のクロス円を引き離してしまうほど強かったのに、夜の7時に見たときには、値動きが落ち着いて、朝からの高値更新がストップしています。弱っている?って思いましたが、1時間足チャートは上昇トレンドを維持しています。理想的な綺麗なチャートです。5月26日から上昇が始まったときに米ドル円が作ったチャートみたい。ここで買って、ここで売ればいいんだな!としっかりとわかる形になっていて、この雰囲気はいいねぇ~!なんてときめいています。2週間前の豪ドル円のチャートはひどかった。三角形でじりじり下げて、ペタン!とした感じ。しおれかけている花のように、見ていると可愛そうに思えるほど元気がなかった。今は、新鮮で、元気。とても美人になりました。最近のパターンでは、ロンドン時間はレンジで、ニューヨーク時間に向かって高値を更新していくケースが多いです。前日もそうでした。だから、今日もたぶんそのパターンだ。米ドル円の方は、今こそ高値を更新していますが、東京時間は底値圏でしたし、前日はひどいものでした。豪ドル円に人気を奪われて、東京時間午後から上値が重くなりました。ちょうど豪州の政策金利発表があって、豪ドル円が上昇を始めた時間で、米ドル円はやられてしまったんです。それでもなんとか耐えていましたが、ニューヨーク時間には下げが加速しました。上に行けないのを不満に思ったのか、思いっきり下に走っていって1円程も下げたのです。それが、今現在は、前日の安値から60PIPSも這い上がっています。本日の高値を今更新しています。米ドル円は本当に諦めずに上に向かいますねぇ。利上げ期待があるから、押したらチャンスだと拾われて上パターンが定番です。トレード戦略を考えても売りは全く考えられないし、どこで拾うかに意識が行きます。もう、遅いけど、120円で拾うのが正解でした。ちょうどレンジを抜け出したこの位置でロング。

続きを読む≫ 2015/06/22 08:00:22

120円を抜け出して急ピッチで円安が進んだ先週。行きついた価格は124円。もっと行くかと思っていたら124円を過ぎてしばらくするとピタッと止まりました。結局124.50付近まで進みましたが、その後押し戻されて、今は124円前半で休憩している米ドル円です。先週はやれやれと思いましたが、今週は仕方ないと思っています。クロス円の中では、トレンドが明確なため人気が高まっています。その人気がすごすぎて過熱感たっぷり。そろそろ本格的なくたびれモードが始まりそうな予感。大きく値を下げないにしても、あまり動かないためにロングがしにくい状態です。もしロングして、その後調整が来て、買った価格から1円近く下落してしまうかもしれません。過去、連日で上昇してきた通貨の調整っぷりを見てみると、1日で1円下げているとか、1日の下げ幅は大きくない代わりに3日連続で下げ続けるということが起こっています。それで、私は運が悪く調整に入る直前の段階でポジションを持ってしまって損切りにあったことがあります。さっきまで調子が良かったのになんで?って思ったら連日の上昇によるポジション調整の利益確定売りが発生。ガーンってなります。期待させておいて調整による下落は運が悪いとしか言いようがありません。調整っていつ来るか本当にわからないですよ。だから、連日で上昇が続いたときは、警戒するのが自分の中では普通になりました。私が思う調整に警戒が必要な通貨は米ドル円ですね。豪ドル円は、連日あまりトレンドが出ていませんから、ポジションを持ってからの急激なブレイクに注意したい通貨です。明確に動かないことを考えると、これからは豪ドル円が動き出してもおかしくなさそうな雰囲気。いつまでもモヤモヤしていないではっきり上か下に豪ドル円には突き進んでもらいたいですね。先週はダメだったので、今週もその可能性にかけます。加熱している通貨はあとちょっとで休憩だし、眠っている通貨はこれから動き出す。こんなことを考えて見ていきたいですね。

続きを読む≫ 2015/06/22 08:00:22

デモトレードは小心者な私の強い味方です。ポジションを持ってしまいたいと思ったとき、気持ちを抑えてくれます。練習する機会を与えてくれて、自信につながります。本番でやりたいと思ってもどうしても自信がない時は、デモトレードで抑えておくといいです。先ほど1時間足で下げている様子を確認して、豪ドル円を売りました。すぐに利益が出て決済しました。このタイミングで入ってよかったんだって自信になりました。今は、1時間足を見ながら再びチャンスを見計らっているところです。デモトレードで売るチャンス。せっかく無料で使えるから使わないと損です。私が今まで出会ったFX記事の中で、デモトレードについて触れていたものがいくつかありました。私はデモトレード推進派ですが、中には反対派の人もいて、いろんな考えを持つ人がいるんだなって思います。自分の考えだけじゃなくていろんな意見を聞くことは勉強になります。どうして、おすすめしないのかなと思って読んだら、本番にはあって練習にはないあるものが欠けているからだそうです。それは、気持ちの問題で、緊張感があるかないかという事。練習のデモトレードでは失敗してもお金を失っていないために、慎重にエントリーしたつもりでも、実は軽い気持ちでエントリーしていることがあるからあまりためにはなっていないんじゃないかという意見。確かに緊張感がないことは事実なのですが、私はデモトレードで何回も練習を重ねてきたおかげで、本番で自信を持ってエントリーできるようになりました。それに、デモトレードで練習を重ねてきた分、負けにくいです。何回もポジションを取っていると、どれくらいの資金量がいいのか、どんなやり方が自分に合うのか分かってきますから、デモトレードはいいと思います。私は、デモトレードで練習し、自信のあるパターンが出てきたら本番でもやるという感じでバランスよく使い分けています。本番でやって負けた場合、頭に残りやすいので、何がいけなかったか考えてデモトレードで練習することが出来ます。

続きを読む≫ 2015/06/22 08:00:22

東京時間13時現在、クロス円は高値推移しています。ただ、豪ドル円だけは東京時間10時30分に発表された小売売上高と貿易収支の結果が悪く、底値圏で小動きになっています。96.70で指標を聞いて、結果が悪かったから96円を割る始末。でも、少し割っただけで、長期にわたる96円割れにはなりませんでした。今は、96.20の位置で動いています。1時間足では96円にタッチしたところで長い下髭を出して反発しているのが分かります。強いなぁ、このラインって思うけど、時間の経過とともに破られそうな気がします。いくら長い下髭を出したとは言っても、今回の指標は結果が悪すぎ。あまりにも悪い場合は、下髭は簡単に突き破られる傾向にあります。だから、この下髭はあまり信用しないほうがいいと思いました。高値から下がった豪ドル円をどう扱うかと頭を悩ませています。目線は売りで、本当に売りでいいのか心配になって、専門家の売買方針を確認すると、豪ドル円は戻り売りをすればいいと勧めてありました。売りで間違っていないんだと、とりあえず安心。でも、どの位置で売りを仕掛ければいいのか、1時間足チャートや5分足チャートを見ると困惑します。今の豪ドル円は、下落が始まったラインまでかなり離れていて、今この位置で持ったとして下落のスタートラインに損切りを置いて失敗すれば50PIPSも損します。もう少し上がってきたところで売りを持つほうが損切りで失う資金が幾分マシになります。自分の結論としては、東京時間は様子見にして、欧州時間まで待ってみよう。それで、もし下に行くようなことがあればすぐ売って利益確定させるか、95.50のサポートまで落ちてくるのをひたすら待ちます。日足を見ると、下落しても95円には行っても94円に行ってしまうようなことは考えにくいから、それくらいの位置で買って持てば多分大丈夫でしょう。95.50まで、落ちてくるといいなぁと思いますよ。でも、今日は難しい気がします。

続きを読む≫ 2015/06/22 07:59:22

FXをこれから始めよう!と思っている人は、まず、チャートになじむ必要があります。
いきなりヤマ勘でトレードしても大失敗することが目に見えているからです。実は、最初はビギナーズラックで大勝することが多いようです。そして、FXの魔力にとりつかれ、そこから連敗を重ねるようになります。まるで、誰かが自分のトレードを監視していて、自分のトレードとは逆の方向にチャートを動かしているんじゃないか?と勘違いするくらい、逆方向に動くようになります。そして、FXの世界から退場するのです。
それを避けるには、しっかりと基礎を積み上げていくのが大切です。
まずは、チャート。FXのチャートを自分のものにしましょう。
初心者がチャートに親しむには、まず、移動平均線の表示が大切です。
短期、中期、長期線を表示させてみましょう。
例えば、期間を5、25、75のラインを表示させてみましょう。
分かり易いように、3本とも異なる色で表示させます。
もし太さの設定が可能であれば、75を一番太く、次に25、一番細い線で5を表示させます。また色についても、3つをグラデーション的に色設定をすることで、どれが5で、どれが75なのかがパッと見たときに分かり易くなるのでお勧めです。
これだけで、今までよりどころのなかったチャートが、とても意味のある動きに見えてくるのではないでしょうか。この形にしておいて、あとはひたすら、過去のチャートを見ていきましょう。必ず毎日チャートを沢山見る。それに尽きます。そうして、チャートと親しくなるのです。
ここまで出来たら、FXの基本である、グランビルの法則に則したトレードも出来るようになるでしょう。
75本移動平均線を25本移動平均線が上に突き抜け、その後に、5本移動平均線が上に突き抜けたら、買いです。
逆に、75本移動平均線を25本移動平均線が下に突き抜け、その後に、5本移動平均線が下に抜けたら、売りです。
細かい条件は他にもありますが、この原則を頭に入れてトレードをしてみましょう。

続きを読む≫ 2015/06/22 07:59:22

豪ドル円が政策金利発表を受けて2週間ぶりに急騰しました。米ドル円は、豪ドル円が優勢的に買われたこともあり、約1週間ぶりに大きく下げました。チャートを見ると、124.80から123.73辺りまで下落しています。ニューヨーク時間で大陽線を出して上昇するも、翌日のニューヨーク時間で上げ幅をすべて吐き戻してこんな感じになっています。前日のニューヨーク時間の上げを翌日のニューヨーク時間で吐き出すパターン。前日の上げが翌日にというところがすごい。しかも、このパターンが起こったときの1時間足を見ると、陽線よりも陰線の方が力を持っている。1本の大きな陰線が米ドル円の124円後半の上昇をなかったことにしてしまっています。これは、連日の上昇による大きな調整かな?まだ続くのかな?今まで私が見てきたパターンだと、東京時間の上げ幅をロンドン時間に全戻しとか、東京時間に上げて、終盤にかけて全戻し。このパターンをたくさん見てきました。同じ市場で、しかも翌日に全戻しのパターンはあまり見たことがないのでびっくりしています。ニュースによると、米ドル円を集中的に買っているのは外国人投資家。となると、積極的に売買が行われるニューヨーク時間で利益確定売りが出ても不思議ではないかなぁ。米ドル円の大きな下げに気づいて今朝びっくりして、こんなことを考えた私ですが、1週間にわたって続いた上昇を見ると、これくらいの調整があって普通だと思うので、ちょっと安心かな。今は豪ドル円が強いときなので、米ドル円人気はちょっと休み。力関係が入れ替わったところで買うといいかなぁと考えています。米ドル円は弱いなぁ。ニューヨーク時間で大きく下げたし、東京時間での値幅は20PIPS程。それと比較して凄いのは豪ドル円。ニューヨーク時間で米ドル円が下げているときに50PIPS近い上昇をして、今現在の東京時間では、60PIPSの値幅。他のクロス円を見てもこんなに値幅のある通貨はありません。

続きを読む≫ 2015/06/22 07:59:22

資金需要の高まりと預金金利の低下から、最近では資産運用の手段としては預金よりも投資の方が積極的に行われるようになっています。
一口に投資と言っても数多くの手段が存在しているわけですが、その中でも高い人気を注目を詰めているのがFXとなります。
今日のFX取引の殆どがインターネットを通して行われているため、専用口座を開設すれば誰もが気軽に始めることが可能という点や24時間取引が可能という点、通貨は有価証券のような急激な価値の暴落が殆ど起きないため低リスクでの運用が可能といった点などが人気の理由となっています。
これらの理由から投資の初心者にもおすすめとされているFX取引ですが、FXで成功するためには実際に取引を行い、一定の実戦経験を積むことが不可欠とされています。

 

しかし実際の取引を行なうためには当然ながら投資資金が必要であり、初期段階での投資資金は元本割れをしてしまうリスクも高く、これを嫌ってFX取引の開始を渋るFX初心者は少なからず存在しています。
FX初心者におすすめのFX取引とはどのようなものなのでしょうか。

 

初心者におすすめとなるのが外為オンラインのminiコースでのFX取引となります。
外為オンラインのminiコースは1000通貨単位での取引ができるため、米ドルと円の取引であればおよそ4000円の証拠金で取引を始めることができるのです。
外為オンラインの一般コースの場合は、1万通貨単位での取引となっており、例えば1米ドルを100円として米ドルと円で取引をする場合には4万円の証拠金が必要となります。

 

しかしminiコースであれば通貨単位が10の1であるため、証拠金の額も10の1である4000円で取引ができるのです。万が一取引がうまく行かなかった場合でも4000円ならばダメージが少なくて済むのでFXの実戦経験を積むのには最適だと考えられるのです。
外為オンラインのminiコースは低リスクである分リターンも少ないので、経験を積んで自信がついたならば通常コースで取引を開始するとよいでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/22 07:59:22

お昼は、冷やし中華です。トレードの疲れを回復させるために、梅に含まれるクエン酸はいいですよ。梅酢と黒酢をブレンドしたタレで食べて、美味しかった。酸味が私の疲れを癒すってたまりません。あと、疲労回復なら、豚肉がおすすめです。豚肉に含まれる栄養素が疲労の蓄積による貧血を予防してくれるそうです。やっぱり、健康な体があってのトレードですから、健康管理もしっかりしていきたいですね。それは、毎日思っています。FXは、パソコンと長時間向き合って、トレード戦略を考えるから、思った以上に体力を消耗します。何で、充電させるかといったら、食事とか十分な睡眠です。心のエネルギーの充電も必要。いいものにたくさん触れ合うことが大事ですね。鳥の声を聞く、自然が豊かな場所に出かける。動物と触れ合う。いい映画を観る、素晴らしい本を読む、など。他にも考えると心のエネルギーの充電方法はたくさんありますね。食事の話とトレードって関係ないじゃん!って思いそうですが、体力がトレードでは重要なので食事にはこだわりたいですね。今日も、梅のクエン酸を補給して、元気に相場を見ることが出来ています。現在は、3時です。東京時間の相場の特徴は、豪ドル円が一番強く、米ドル円が一番弱い。豪ドル円と米ドル円は正反対の動きをすることが多いと感じてからは、動きの関係に特に注意しています。この力関係を見て、うまくトレードする方法を思いつきました。豪ドル円が強くなっているときは、米ドル円が買われないから、豪ドル円の調子が下向き始めたときは次は米ドル円にチャンスが巡ってくると思って仕込みをすればどうだろうか。2つの通貨の力関係が逆転するタイミングを狙うのだ。頭で考えただけでは、意味がない。いきなりやって失敗すれば、自分が痛い目を見る。デモトレードで検証してみる価値は十分ありそう。2つの力関係からうまく仕込む練習。やってみる価値はあるのではないかと考えました。

続きを読む≫ 2015/06/22 07:59:22

金融関連の商品の中には、理由に答えるものが見られます。ちなみにFXも、金融関連の商品の1つですね。
そしてその投資商品の申込をする際には、「理由」を選ぶ事になります。基本的にはWEB媒体で申し込みをする事になりますが、「どのような理由でこの投資商品を利用しようと思ったのですか」という質問に対して答える欄になるのです。つまり理由が問われる訳ですね。
ところで金融機関の普通預金も金融関連の商品ですが、口座を作る時にも理由を確認されます。私たちが金融機関の窓口に行って口座を作る為の手続きを行おうとすると、必ず銀行の担当者から「どのような目的で口座を作ろうと思ったのですか」と質問される事になります。
そして、それに対する回答が大切なのですね。回答の内容次第では、銀行の口座を作るのは難しくなってしまう事もあるからです。
ところで前述のようにFXという金融商品にも、理由を選ぶ欄があります。ではその商品の場合は理由は重視されるかというと、全く無関係ではありません。しかし審査基準としての優先順位は、かなり低いと言われています。
それよりも、むしろリスクを理解しているかどうかが審査される事が多いです。「元本が確約されている」という認識を持っていると、ちょっと口座を作るのが難しい事が多いですね。また年齢などもかなり重視されます。
つまりこの商品では、「理由」はあまり重要ではない訳ですね。理由というよりも、また別の点が審査されると考えて良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 12:29:02

金融会社による何かの商品を利用する時には、たいてい申し込み手続きが必要になります。FXも、それは例外ではありません。
そしてこの投資商品の場合は、その申し込みの手続きをWEB媒体で行うのが特徴的ですね。各金融会社のホームページを見てみると、大抵口座を作るためのボタンが設置されているでしょう。それをクリックすると、色々な項目を入力するためのページが表示されるのですね。もちろんそこに様々な情報を入力して、口座を作る為の手続きをする訳です。
ところでこの商品での申込をする為に入力をする際には、ちょっと気をつけた方が良い点があります。それは、情報の正確性です。
基本的に金融会社が、内容の正しさを求めている事が多いですね。間違った内容を入力してしまうと、ちょっと口座を作るのは難しい事があるのです。
例えば入力ページには、職業欄があります。職業は、必ず正しいものを選ぶ必要があるのですね。もしも自分が現在無職なのであれば、無職を選ばなければなりません。もちろん住所やお名前や年齢なども、正確な情報が求められます。その内容に間違いがあると、FXで口座を作るのが難しくなってしまう事があるのです。
思えば私たちが金融会社から借りる時にも、同じような手続きを行いますね。申込書に記入する内容は正確性が求められるのですが、FXという商品もそれは同じなのです。
ちなみに入力ミス1つで、口座が作れなくなってしまう事もあります。ですので口座を作る為に様々な情報を入力した時は、必ず一読をしてミスをチェックするべきでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 12:29:02